稲庭古来うどんとは

About
 

稲庭古来のうどんの美味しさのヒミツ

恵まれた水と厳しい自然条件の中で、研究に研究を重ねて受け継がれて来た伝統的製法と技術。
完全な手作業ならではのコシの強さと、滑らかなのどごしを生み出す製造工程です。

1こねる

こねる

小麦粉に食塩を加えてこね、約2時間程度寝かし(熟成)後、更に練り込み団子状に麺体を仕上げます。

2のばす

のばす

綿棒で伸ばし、包丁で一定の幅に切った生地を伸ばしながらボウルに入れ、一晩寝かせます。

3手綯い

手綯い

寝かせておいた生地を、二本の棒に縒りをかけながら綯掛けしていきます。

4つぶす

つぶす

綯掛けし、更に寝かせた麺を一定の長さ・厚さにつぶしながら伸ばして木箱に入れ、また寝かせます。

5乾燥

乾燥

充分に落ち着かせた生地を乾燥台に掛け170cm位まで時間をかけて延ばします。生地の状態を考慮し、乾燥時間を決め時間をかけて干していきます。

6裁断

裁断

乾燥完了後、弊社規定の長さに裁断します。

7選別・軽量・出荷

選別・軽量・出荷

裁断した麺を、太さによって三段階に選別し袋詰め、箱詰め、梱包して出荷します。